紙管(紙筒)・紙容器(パッケージ)メーカーの老舗です。

 沿革

昭和18年 立山製紙株式会社加工部発足。
陸軍指定としてファイバー容器の製造。
昭和23年 立山製紙の組織改変に依りカホリ工業株式会社と改称。
昭和32年3月 カホリ工業の機械装置、設備技術者等其の一切の営業権を継承。スパイラル紙業設立(資本金50万円)。
昭和43年9月 資本金1600万円となる。
平成9年7月 NC2軸切断機導入。
平成19年3月 設立50周年。
平成19年10月 ISO14001認証取得。
平成20年1月 NC1軸(大口経用)切断機導入。
平成20年4月 NC2軸(一般事業用)切断機導入。
平成20年6月 工場改修工事施行(工場外周補修)。
平成27年2月 工場・事務所オール照明LED化を実施。
平成27年6月 工場内床面第一次・第二次補修塗装完成。
平成27年11月 私募債1億円発行。
平成28年6月 防虫対策の一環として各出入口に防虫窓付シートシャッター等を設置。
平成29年1月 NC4軸(小切り用)切断機導入。
平成29年3月 設立60周年式典を開催。

↑ PAGE TOP